あなたへの想いは溢れるだけ。

花が散り瞳に映る世界が変わっても となりできみが笑うだけで全ては虹色になる

やぶひかのパート割について。

5枚目のアルバム、『DEAR.』の発売が決まりましたね〜!


6月25日の『JUMPOST』でアルバムタイトルは当初、『Dear.Juliet』とか女性に向けた感じだったと光くんがお話しされていて、「Juliet設定残ってたんだ。」と密かに笑ってしまったみむ@です。


とびっこは…光くん考案ですが、色々と…なので 笑
ファンの呼び名はJulietで定着させてもいいんじゃないかな〜と個人的には思います。まあ、自分で「○○住みのJulietです!」と言う勇気は持ち合わせておりませんが…?




さて本題に戻りますが、アルバム発売に向けて何曲かメンバーのラジオで流れたりしています。


今回の曲はオシャレでかっこいいものが多いですね〜!
JUMPのかっこよさを出してほしかったみむ氏にとっては大満足な結果になりそうです。


そして、新曲の発売で盛り上がるのが…パート割!!



4、5人のグループであれば、Aメロ、Bメロ、サビまでの間にメンバー全員のソロが入りきるのですが、9人もいるとなかなか難しいのが現状です。
わちゃわちゃした曲なら一言ずつくらいで入れることは可能だと思うのですが、今回のアルバムのような曲調ですとそれもできません。


アルバムの中で既に視聴としてラジオで流れているものは

『Masquerade』と『Eternal』の2曲。
(キミアトラクションはシングルですので除きます。)


こういう曲調(バラード系統)だとやはり薮さんは強いなと思いました。
山田、知念、中島、有岡、伊野尾という万年推され期の枠に食い込んで2曲とも1A1B内にソロを獲得しました〜!



昔はこれが当たり前だったんですけれどね、一時期ソロ激減期があったので本当に嬉しいです。


特に去年のアルバムはJUMPが得意とするポップでハッピーな曲調が多かったためソロが少なく、あったとしても2Aからだったりしたので、コンサートではカットということが多々ありました。


しかし、今回のアルバムで逆にソロが少なくなってしまったのが、八乙女光
前回はRAPなどを盛り込んだ曲や可愛らしい曲で大活躍だった光くん。
今回のクール系なアルバムでは残念ながら推してもらえてません。



得意分野、不得意分野がある訳じゃあないんですよ。
これは、薮さんにも言えることですが、2人ともどんな曲調でも歌いこなせるんです。その点、3枚目のアルバムである『s3art』は曲調に縛られずお二方とも、カッコイイ曲ポップな曲も伸び伸びと歌ってらしたように感じました。



薮さんだったらバラード系統、光くんだったらポップ系統に特化しているだけの話であって…。歌えないんじゃないんです。



上に挙げた万年推され期のメンバーはどんな曲調でも必ずと言っていいほどソロがあります。
正直、「ここは光くんが歌ったほうが合うのになぁ〜」「このサビ前は薮さんの伸びやかな声生かしたほうがいいのに〜」と思う時もあります。



特化した分野に縛られるメンバーとそうでないメンバーの差が激しいのが今のJUMPです。



圭人くんは、英語に特化してますが彼は優しいいい声をしています。
もう昔とは違いますよ、ちゃんと歌えるんですから。



高木さんは、系統的には薮さんと同じかなと思っています!
このアルバムで推さなかったらいつ推すんだ!?
素敵なソロ待ってます。



特化している分野に縛られずにいろんな表情を見せてくれる……そんな曲を聴きたいです。




まだまだ発表されてない曲は沢山あります!
気落ちしず、前向きに行きましょうね〜!





そして、ツアーの団扇が気になります。
薮宏太、初の金髪団扇
そして、八乙女光…どの髪型…?
気になりすぎて夜も眠れないので早く知りたいばかりです。


光くん、頭皮はお大事に…太るなら髪もう少し伸ばしてください〜!
まあ、どんな光くんでもかわいいんですけれどね!紅芋タルトでも、焼きそばでも!!
でも本当に頭皮は大切に…ね!!









  • 追記-

今回はやぶひか担という目線でお話しさせてもらったので、他のメンバーのファンの皆様に不快な思いをさせてしまう表現があるかもしれません。申し訳ありませんでした。こんな書き方しかできませんでしたが、みんなのことは大好きなので、それだけはお忘れなきようよろしくお願いします。